クラウドに影響を与えるサーバーの技術

クラウドに影響を与えるサーバーの技術

クラウドが進歩して来た要因の一つとして、サーバーの技術の進歩があります。まず、ハードウェアとしての技術は非常に進歩してきていると言えるでしょう。サーバーの処理能力が向上してきているでしょう。また、安価になってきたという事もクラウドの進歩の要因の一つであると言えるでしょう。サーバーが量産されるようになってきたことによって、サーバーが安くなり、クラウドのサービスを安価に提供できるようになってきたと言えるでしょう。
また、ソフトウェアも進歩してきたと言えるでしょう。サーバーにインストールするOSとしては、UNIX系のOSがインストールされる事が多いと思います。例えば、Linuxのディストリビューションが用いられる事も多いと思います。Linuxの技術も進歩してきていると言えるでしょう。また、データベースやサーバスクリプトの技術も進歩してきた事によって、多くの人が色々なソフトウェアを開発できるようになってきたのです。また、そのためのテンプレートなども配布されるようになってきましたから、無料で色々なものを利用できるようになってきたと言えるでしょう。このような事から、クラウドのためのサーバーが安価に利用できるようになってきたと言えるでしょう。
なぜサーバーがクラウドに大きく影響しているのかというと、クラウドではサーバがほとんどの処理を行うからなのです。アプリケーションはサーバーにインストールされることになります。データベースやサーバスクリプトなどもサーバーにインストールされることになりますし、それを利用するアプリケーションもサーバーにインストールされることになります。クライアント側に特殊なソフトウェアをインストールする事もありますが、多くの場合には特別なソフトウェアを必要としないでしょう。ですから、ほとんどの処理はサーバー側で行われる事になるのです。そのために、サーバーの技術の進歩はクラウドの普及に大きな影響を与えているのです。